お客様本位の業務運営方針

  • 【お客様本位の業務運営方針の策定・公表等】

    株式会社だいこう証券ビジネス(以下「当社」といいます。)は、「高度な専門性を駆使した先見的トータルアウトソーシングサービスの提供による価値共創の実現」を経営ビジョンに掲げ、証券業の共同インフラ会社として地位確立を目指しております。当社は、証券会社や銀行等のお客様に対して、有価証券の売買取次・清算取次業務および証券バックオフィス関連業務など、お客様の業務を包括的に支援する「証券業務のトータルソリューションの提供」を推進し、さらには、証券BPO業務での知見を活かして今後成長する分野へのビジネス展開を進めております。また、当社は証券市場における安定的なサービスの提供とお客様本位の業務運営の実現を図り、お客様の利便性の向上やコスト負担の適正化、ひいては証券市場全体の健全性の確保や投資者の保護に寄与してまいりたいと考えております。

    当社は、証券・金融業界のインフラストラクチャーとして、お客様からの揺るぎない信用・信頼を確立するため、インベストメント・チェーンにおける最終受益者をも念頭に置いた「お客様本位の業務運営方針」を定め、以下の取り組みを実施してまいります。また、当該方針に係る取組状況について定期的に確認し、適宜、その見直しを行ってまいります。

  • 【お客様の最善の利益の追求】

    当社は、証券・金融業界のインフラストラクチャーとして、お客様のニーズに沿った高品質・高付加価値なサービスを提供しております。これからも引き続き高度な専門性と高潔な職業倫理をもってお客様に接し、誠実かつ公正に業務を行っていくことにより、お客様との間において長期的視野に立った安定した信頼関係の構築を図ってまいります。当社は、このような信頼関係の構築を基盤としてお客様の利便性が向上し、市場の健全性が確保されることによって、お客様の最善の利益に寄与するものと認識しております。

  • 【利益相反の管理、手数料等の明確化、情報・サービスの提供】

    当社の主たるお客様は、証券会社・銀行等の金融商品取引業者等であるところ、第一に、当社における業務の裁量の余地は少ないため、自己または第三者の利益を優先するような、利益相反取引の発生や手数料徴収の可能性は限定されると考えております。また、第二に、お客様と当社の間の情報において非対称性(格差)は限定的であると考えております。これらを前提として、適正かつ確実な業務執行を図り、業務の裁量の余地や情報の非対称性(格差)の程度に応じて、お客様本位の業務運営を実現することにより、お客様の最善の利益保護に努めてまいります。

  • 【従業員に対する適切な動機づけの枠組み等】

    当社は、高度な専門性を駆使した先見的トータルアウトソーシングサービスの提供による価値共創の実現を通じて、健全な証券市場の確立のための重要なインフラの役割を担う一員として、証券市場の拡大・発展に寄与することに努めております。そして、このような責務を役職員一人ひとりが認識するため、経営方針を制定するとともに、行動規範である倫理コードやコンプライアンス・マニュアルを策定しています。

    また、上記の取り組みを推進するための枠組みやガバナンス体制の整備のため、役職員教育・研修の充実を図っております。当社は、金融商品取引業者としてのビジネス形態の特殊性にかんがみて、役職員一人ひとりが高度な専門性と高潔な職業倫理をもって適正かつ確実に業務を執行していくために必要な研修体系の整備を進め、経営方針の浸透に向けた取り組みを推進してまいります。

以  上

制定: 平成 30 2 1

株式会社だいこう証券ビジネス